pagetop

陸上自衛官の階級

陸上自衛官の階級

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

自衛官の階級章等について
こちらのコーナーでは、自衛官の階級章等について紹介します。
階級章
階級とは、組織における上下関係と指揮系統の格付け制度です。
各国の軍隊では「士官」「下士官」「兵」の大きく3つに区分されています。
自衛官の階級は「将」~「2士」まで16階級に分かれます。
各国軍隊の区分に当てはめると、
「士官」:将、佐官、尉官
「准士官」:准尉
「下士官」:曹
「兵」:士
となります。
※下表はおおよその階級章上の対比となっておりますので、必ずしも完全な対比となるものではございません。

kaikyusyo2

自衛隊に階級が必要な理由

自衛隊において階級を定める目的は、序列を明確化して命令系統を明瞭にするためです。

級制度は部隊の統制に大変重要なもので階級を持たない自衛官はいません。

ただし、予備自衛官補には階級がありません。階級が上がるごとに俸給もアップします。

軍事組織であり階級が存在する以上は、諸外国軍同様に上官には必ず敬礼しなければなりません。

面白い話としては海上自衛隊の艦内だけは狭い通路で上官とすれ違う際に敬礼よりも道を上官に譲ることが優先されるのでその際は結果的に欠礼になっても咎められないそうです。

この敬礼自体にも種類があって帽子を被っているときは挙手の敬礼で、無帽時はおじぎの敬礼になります。
警察も自衛隊と同じです。

なお、自衛官以外の自衛隊員(事務・技官、教官など)には自衛官のような階級はありませんので付与されません。

無論、士が尉官の階級章をつけて外で歩いたりなどすることは許されない、逆も然り。階級詐称となり重大な服務規程違反行為になる。

 

TOP 自衛隊の職種 自衛隊の装備 ギャラリー お問い合わせ