pagetop

陸上自衛隊富士学校

概要・任務

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

動画でわかる!陸上自衛隊富士学校

陸上自衛隊 富士学校は、それまで個別に所在していた普通科学校、特科学校、特車教育隊を一ヶ所に集め、普通科・特科・機甲科の3職種総合学校として設立されました。

富士学校の役割

陸上自衛隊の中核を担う職種の人材育成
富士総合火力演習の担任
東富士演習場の管理

概要・任務

普通科・野戦特科・機甲科(戦車、偵察)及びその3職種の相互協同に関わる教育訓練を行う。富士学校長は師団長の経験を有する陸将が務める。富士学校は陸上自衛隊の主として普通科、野戦特科及び機甲科の幹部自衛官、陸曹の特技教育を実施する。当該職種の一般幹部候補生課程出身の幹部は任官後幹部初級課程で学び、小隊長等として必要な識能と資質を習得する。じ後、数年の部隊勤務を経て更に幹部上級課程に進み中隊長等として必要な識能と資質を付与する。これらの課程の他、各職種に必要な特技課程が設置されている。

なお、過酷な訓練で有名な「幹部レンジャー課程」も当校に設置されており、各部隊から選抜された隊員がレンジャー教官となるための訓練を受けている。

 

TOP 自衛隊の職種 自衛隊の装備 ギャラリー お問い合わせ