pagetop

陸上自衛隊 教育機関

教育機関

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

教育・研修の制度

日本の平和と秩序の維持。この大きな任務の遂行には、幅広い知識と技術が必要となります。
自衛隊は、任務遂行に必要な技能を確実に身につけさせるため、さまざまな種類の学校や、教育制度を整えています。

自衛隊の教育・研修制度

陸上自衛隊の学校

幹部候補生学校

陸上自衛隊初級幹部としての基礎知識と技能を身につける学校です。

高等工科学校

普通科高校と同等の教育に加え、将来の陸上自衛官として、必要な技術と知識を学ぶ学校です。

富士学校

普通科・機甲科(戦車、偵察)・野戦特科の教育を行う学校です。

高射学校

対空戦闘や、対空情報活動を行う高射特科隊員の教育を行う学校です。

航空学校

各種ヘリコプターで地上部隊を支援する航空科隊員の教育訓練を行います。

施設学校

施設機材を駆使して戦闘部隊を支援する施設科隊員の教育訓練を行います。

通信学校

部隊間通信や、電子戦をつかさどる通信科隊員の教育訓練を行います。

武器学校

火器や車両の整備、不発弾処理等を行う武器科隊員の教育訓練を行います。

需品学校

糧食や燃料等の補給を担う需品科隊員の教育訓練を行います。

輸送学校

大型車両で戦車や重火器等を輸送する輸送科の教育を行う学校です。

小平学校

警務・会計・情報科隊員の教育のほか、語学や人事なども教育するため、海上・航空自衛官も受入れています。

衛生学校

患者の治療や健康管理を担う衛生科隊員の教育を行う学校です。

化学学校

放射性物質等の汚染を検地・除染する化学科隊員の教育を行う学校です。


TOP 自衛隊の職種 自衛隊の装備 ギャラリー お問い合わせ